3度の稽留流産をしました。お空に3人天使がいます。不妊症と不育症持ちですが39歳でIVF挑戦中です            


by kiwi27
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

判定日でした

桜満開の今日は判定日でした。

尿検査結果は薄い(+)が出ましたが、(-)判定ということになりました。

主治医「薄いけど縦のラインが出てるんだよね」
検査キットを見せてもらったら、薄いけど(+)の縦ラインが出ていました。
着床はしかけたようです。
BTから2週目なので様子は見ず、(-)判定になりました。
原因は内膜。
ホルモン値も良くて卵の状態からも、今回いけると思ったのだそうです。

内膜:8.7mm
P4:28.62
E2:535

内膜が中間診察日より失速していました。
移植方法は、このままで良いとのことでした。
今後の話もした上で、聞きました。

先生から見て治療の引き際ですか?
これまで自然でも体外でも妊娠できて心拍確認もできて・・
だから諦めないでもう一度授かれると思ってトライしています。
内膜が薄いのは今後も変わらないと思うから、それでもこの内膜でトライ
するしかないので先生の判断としてどうなのか・・と。

その答えは、心にしまいました。
診察の後半は、何か吹っ切れて笑って会話していました。

 私 「陰性だったのに、笑って診察室出れるって不思議ですね」
主治医「リフレッシュしたら待ってるから」


会計で、特定不妊治療助成の発行希望したら先生がカルテに(+)とも(-)とも
判定書いてないんですよ・・と言われてしまい、カルテ見せてもらったら
確かに(-)と書いてなくて(÷)のマークみたいなのが書いてありました。
診察でちゃんとお話できたし大丈夫だったのに、何か込み上げてきて
先生とは薄く(+)反応してるけどもたないから(-)ってことになったんです
と話して会計して発行申請して病院出たら、泣けてきました。

家に帰宅してからも、着床に凄く近かったと思えたら悔し涙が出ました。
でも薄くても病院の検査キットで(+)の縦ラインが出たことは嬉しかった。
脱出開始胚盤胞で移植した卵ちゃんは14日間頑張ったんだと思います。

次周期はリフレッシュすることにしました。
薬も飲まないし病院も1回も行かない。
(先生からもそうしてもらおうと思ったと言われた)
ゆっくりしてから再起動のこと考えます。
とにかく少し疲れました。
[PR]
by kiwi27 | 2010-04-06 18:30 | 移植(自然BTⅡ-③陰性)